シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

鋳物砂型の製造 CO2

2006年9月 1日 23:26

埼玉川口は吉永小百合主演の「キューポラがある街」で
有名な鋳物産業の盛んな街です。

鋳物を製造する工程で、造形作業は人手と時間のかかる
作業です。これらの作業を合理化し効率化するべく古くから
研究が重ねられ、一つの手段として乾燥工程を省く自硬性
鋳型が開発されます。自硬性鋳型には、無機質粘結型剤と
有機質粘結剤があります。

これらの自硬性鋳型にCO2(炭酸ガス)が使用されております。
無機粘結剤でガス型と呼ばれる造型方法です。けい砂に粘結剤
として珪酸ソーダ(水ガラス)を3〜6%添加してから通常の造型
と同じように造型後、その鋳型にCO2ガスを吹き込みますと硬化
するのです。CO2ガスが珪酸ソーダと接触し瞬時に硬化します
ので通常の乾燥工程から比べても省力化ができるわけです。

NaO・nSiO2・(nm+X) H20 + O2
→ NaCO3 + XH2O + n (SiO2 + mH2O)

従来工法の油型や乾燥型と比較しても効果は抜群で、一気に
全国に普及し日本の鋳物産業に大きく貢献した材料なのです。

ただし、反応後にアルカリ性の炭酸ナトリウムを生じるので
ケイ砂が再利用できません。

最近では砂の再利用が可能であるフラン樹脂を利用した
方法が開発され、CO2プロセスは減っております。

炭酸ガスのことなら川口液化ケミカル株式会社まで
どうぞご相談ください。
TEL 048-282-3665

E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます。


今日の格言
成功と失敗を生かすには?
「私の現在が成功というのなら、私の過去はみんな
 失敗が土台作りをしていることにある。
 仕事は全部失敗の連続である。」
(本田宗一郎)

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.