シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

分析機器

2006年8月22日 21:57

 分析機器は、世の中に数知れずあります。
そのなかでも構造解析、表面物性解析などは
奥の深いもので、以下のような代表的な装置があります。

AFM 原子間力顕微鏡
対象物の表面を観察するために使われます

STM 走査型トンネル顕微鏡
対象物の表面を観察するために使われます
 
SEM 走査電子顕微鏡
対象物破断面などの表面を観察するために使われます

TEM 透過電子顕微鏡
対象物の断面を観察するために使用されます

EPMA X線マイクロ分析
微小領域の元素レベルでの分析に使用されます

AES オージェ電子分光分析
対象物の深さ方向での元素分析に使用されます

SIMS 二次イオン質量分析
対象物の深さ方向での元素を質量分析するために使用されます

XPS X線光電子分光分析
対象物の深さ方向での元素分析および価数分析に使用されます

XRD X線回折
結晶質形態定性分析に使用されます

XRF 蛍光X線分析
元素の定性および定量分析に使用されます

LRS レーザーラマン分光分析
微小部分の構造解析および定性分析に使用されます

NMR 核磁気共鳴分析
有機物の形態を分析するのに私用されます

DTA/DSC/TG 熱分析
固体熱物性を計測するのに使用されます

以上、記号では何がなにやらわかりませんが、分析装置名と
用途でなんとか感覚的に捉えられたかな?

とってもとっても奥が深いのが、分析装置業界なのです。

分析装置の分析用ガス、高純度ガスのガス供給設備
配管工事などは、川口液化ケミカル株式会社まで
どうぞご相談ください。
TEL 048-282-3665

E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます。


今日の格言
成功と失敗を生かすとは?
「成功して満足するのではない。
 満足していたから成功したのである。」
(アラン)

このページのトップへ

次の記事:MFC
前の記事:硫化水素
ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.