シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

高真空の真空排気

2006年7月23日 17:42

 低真空領域の 10 -2Pa を超えてくると、真空ポンプで
容器(チャンバー)の空間に存在するガス分子を単純に
排気しているのではなくて、チャンバーの材料(主にステンレス鋼)
などの表面に付着したガス分子を排気することになります。

 そして、この表面に付着したガス分子とはほとんどが水分
によって占められています。。
この水分は、金属材料の表面にかなり強固に結合していて
そうそう簡単に蒸発してくれるものではありません。
(実感を込めて語らせていただきます。)
 単純に真空ポンプで排気しつづけたとしても、排気曲線が
対数表示で右下がりの直線なので、だまっていたらとほうも
ない長時間を必要とします。
そこで「ベーキング」処理することが時間短縮
には絶対的に必要になります。

 そして、実際のガス放出は、チャンバー表面の吸着ガスのほかに
金属内部の内部ガス、リーク、ガスの透過などが存在し
複合的に作用しています。
 一つ一つが解消されて、やっと真空が下がりはじめ、超高真空の
領域に突入できるのです。

 真空ポンプによる真空排気で、チャンバー内の雰囲気ガス分子を
排気するだけと勘違いしがちですが、実際には材料表面に付着
している吸着ガス分子を排気することが「真空排気」の世界であり

どこに、なにが、どれだけ隠れているか?

探すことが、超高真空、極高真空の主なお仕事なのです。


真空・真空機器・真空溶接加工品のことなら
川口液化ケミカル株式会社まで
TEL 048-282-3665
E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

どうぞご相談ください。

よろしくお願い致します。

ありがとうございます。


今日の格言
理想への挑戦とは?
「なにもかも失われたときにも
 未来だけはまだ残っている。」
(ボビー)

このページのトップへ

次の記事:消火器
前の記事:極低温ステージ
ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.