シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

高圧ガスの貯蔵所

2006年7月 5日 07:42

高圧ガスボンベを規定の容量以上保管する場合
「貯蔵所」 という高圧ガス保安法の定義に従い
各都道府県への許可もしくは届出の手続きが
必要となります。

本日は、「貯蔵所」の数量規定をご紹介します。

高圧ガスを事業所で使用し、ガスボンベを保管する場合
貯蔵量(保管しているボンベの総量)により以下の
事業所に分類されます。

第一種ガス          3000m3以上貯蔵する場合
第二種ガス          1000m3以上貯蔵する場合
第一種ガス+第二種ガス  「 N 」m3以上貯蔵する場合
以上のいずれかに該当する場合は、「第一種貯蔵所」として
事業所の所在地自治体(都道府県)に「許可」を申請します。

次です。

第一種ガス          300m3以上3000m3未満貯蔵する場合
第二種ガス          300m3以上1000m3未満貯蔵する場合
第一種ガス+第二種ガス  300m3以上 「 N 」m3未満貯蔵する場合
以上のいずれかに該当する場合は、「第2種貯蔵所」として
事業所の所在地自治体(都道府県)に「届出」を申請します。

さらに。

LPガス、液化酸素、液化アンモニアいずれかを
                3000kg以上貯蔵する場合
液化塩素を         1000kg以上貯蔵する場合
特定高圧ガスを       0m3を越えて貯蔵する場合
                ※使う場合は量に関わらず全て該当します
以上のいずれかに該当する場合は、「特定高圧ガス消費者」として
事業所の所在地自治体(都道府県)に「届出」を申請します。

上記全てに該当しない事業所の方は
「許可や届出の必要はありません」


高圧ガス、低温機器、真空機器
川口液化ケミカル株式会社まで
TEL 048-282-3665
E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます。


今日の格言
理想への挑戦とは?
「必要はもっと確実な理想である。」
(石川啄木)

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.