シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

薬品等による傷害の応急処置

2006年6月30日 20:36

 毒性ガスや反応性ガスなど、扱いは化学薬品などに類します。
組織の中では、事故や治療の対処方法など研究室ごとに用意
されています。
 
事故が起こった時には?

次のような対応を冷静に実施しましょう。

薬品等による傷害の応急処置

1、体についたとき
・速やかに大量の清潔な流水でよく洗う。
・苛性ソーダなどのアルカリの場合は15分以上洗浄する。
 アルカリ性の薬品は酸性の薬品より、あとで症状が悪化しやすいので
 専門家の治療が必要。
・衣服にも薬品がついたときはすぐ水洗いするか、その部分を切り取る。
・濃硫酸などの水によって発熱するものは、はじめに乾いた布、ティッシュ
 ペーパーなどで、できるだけ速くその部分をふきとった後、大量の水で
 一挙に洗い流す。
・酸やアルカリは皮膚のひだや毛髪の間に残ることが多いので、酸なら弱
 アルカリの水溶液、アルカリなら2〜3%の酢酸やレモン汁で中和するのもよい。
・消石灰やマグネシウムなどの粉末薬品は、水で洗うと熱を発するので、粉末を
 落とし、すぐに病院へ。

2、全身に薬品をあびたとき
・早く着ているものを脱がせる。
・体についた薬品を大量の水で洗い流す。
・十分に洗い流したら、清潔なガーゼやバスタオルなどを当てて病院へ行く。

3、目に入ったとき
・薬品の入ったほうの目を下にして、水圧が直接かからないようにしながら
 ゆるやかな流水で15分位流し続ける。噴水が強いと顔についている酸
 などが目に圧入したり、腐食された皮膚表面をはぎとることになるので
 注意が必要である。
・中和剤は使用しない。洗眼終了後なるべく早く、眼科医の診察を受ける。

4、口に入ったり、誤飲したとき
・大量の水または牛乳を飲ませ、嘔吐させる。胃、食道の損傷は数分で死
 を招くので、処置は寸秒を争う。
・酸に対しては、生卵、アルカリに対しては果汁、酢なども使える。指でのど
 を刺激したり、吐かせてもよいが、意識のないときは窒息する恐れがある 
 ので何もしてはいけない。
・保温、安静にし、ショックや呼吸麻痺に注意する。

5、有毒ガスを吸引したとき
・ただちに新鮮な空気中に移し、衣服をゆるめ、安静にさせる。必要があれば
 人工呼吸などを行う。
・ホスゲン、亜硫酸ガス、ハロゲンの中毒に対しては、ガス吸入後に強い苦痛 
 を訴えなくとも数時間は必ず安静にさせ、しかる後は医師の診察を受ける。


高圧ガス、低温機器、真空機器

川口液化ケミカル株式会社

TEL 048-282-3665

E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます。


今日の格言
志を立てるとは?
「恐るべきは霊魂の死である。人が教えられたる信条
 のままに執着し、言わせられるごとく言い、らせられる
 ごとく言い、させられるごとくふるまい、形から鋳出した
 人形の如く形式的に生活の安をぬすんで、いっさいの
 自立自身、自化自発を失うとき、すなわちこれ霊魂の
 死である。」
(徳富蘆花)

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.