シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

消火設備

2006年6月17日 22:54

高圧ガスの運送基準をご存知でしょうか?

可燃性ガスまたは酸素を移動する時は、消火設備ならびに
災害発生防止のための応急措置に必要な資材および工具
等を携帯するよう定めています。
(各都道府県で任意に高圧ガス運送基準を定めてます)

携行する用具、資材は一月に一回以上点検を行い、常に
正常な状態を維持するものとしております。

消火設備とは?

車両に固定した容器により移動する場合に携行する消火
設備は次に掲げる消火器とし、速やかに使用できる位置
に取り付けたものであること。

可燃性ガス 粉末消化剤 B−10以上 車両の左右にそれぞれ一個以上。
酸素ガス   粉末消化剤 B−8以上 車両の左右それぞれに一個以上。

充填容器などを車両に積載して移動する場合(質量5kg
以下の高圧ガスを移動する場合を除く)に携行する消火
設備は、次のものとし、速やかに使用できる位置に取り
付けたものであること。

圧縮ガス100m3以上、液化ガス1000kgを超える場合
粉末消化剤 B−10以上 2個以上

圧縮ガス15m3を超え100m3以下、液化ガス150kg
を超え1000kg以下の場合
粉末消火器 B−10以上 1個以上

圧縮ガス15m3、液化ガス150kg以下の場合
粉末消火器 B−3以上 1個以上

※一つの消火器の消化能力が所定の能力単位に満たない
 場合にあっては、追加して取り付けるほかの消火器との
 合算能力が所定の能力単位に相当した能力以上であれば
 その所定の能力単位の消火器を取り付けたものをみなす
 ことができます。

ガスボンベを運搬する時は、消火器を携帯してください!

高圧ガス、低温機器、真空機器
川口液化ケミカル株式会社
TEL 048-282-3665
E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます。


今日の格言
志を立てるとは?
「他人を当てにしてはならない。
 われわれはみんな取るために生きているので
 与えるために生きているのではない。」
(ゴーリキー)

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.