シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

設備の改善

2006年6月 4日 20:54

事故事例集から、液体窒素の漏洩事故例です。

液体窒素デュワー容器より、超伝導マグネット装置へ
液体窒素をトランスファーしている作業中のことです。

トランスファーチューブ(供給の為の接続ホース)である
シリコンチューブが破裂し、液体窒素がチューブを介して
鞭を打ちながら飛散したそうです。

事故に繋がった主な原因としては、液体窒素(−196℃)
の超低温に曝される供給ラインに「シリコンチューブ」を使用
していたため、液体窒素供給時の脈動により破損したもの
と考えられます。

当然といえば当然ですが、超低温の配管、継ぎ手、または
フレキシブルホースなどには、液体窒素温度に耐え、振動
にも耐えられる金属製フレキシブルホースが必至である。
これに交換することで、事故対策とした。

液体窒素に関する知識も合わせてご理解いただき、設備を
検討される際にも十分な考察をされますことをお薦めいたします。

低温ガス、低温機器。液化窒素に関するお問い合わせは
川口液化ケミカル株式会社
TEL 048-282-3665
E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

まで、どうぞお問い合わせください。

ありがとうございます。


今日の格言
志を立てるとは?
「充実した一日が幸せな眠りをもたらすように
 充実した一生は幸福な死をもたらす。」
(レオナルド・ダビンチ)

このページのトップへ

次の記事:エネルギー比率
前の記事:燃料電池の原理
ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.