シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

真空熱処理

2006年4月 6日 22:50

昨日ご紹介の、真空中での熱処理の特徴は

光輝処理ができ、スケーリングを除け
汚物除去、金属中のガス除去、ガス侵入防止
寸法狂いが少ないなどでした。

では、それぞれの特徴について説明しましょう。

・酸化されること無く光輝処理
  Cr、Ti、Ta、Mo、W などの金属は、水素ガス雰囲気で
 熱処理をすると、水素中のわずかな酸素や水分により
 酸化されてしまうことが多いそうです。
  真空中では酸化されること無く、ピカピカに光る金属
 表面の仕上げを作ることが出来ます。

・表面のスケーリングができる
  金属の表面には必ず酸化物(スケーリング)の膜が形成
 されています。アルミなどは特に強固な酸化被膜に覆わ
 れています。
  これを真空中で加熱することにより、表面の酸素分が
 取れて再生するそうです。(全ての金属ではありません)
 この熱処理は、焼きなましにもなります。

・表面についている汚物や潤滑材の除去ができる。
  金属表面で加熱された物質が、真空中で低蒸気圧作用
 で飛びやすくなるからです。

・金属中にあるガスを取り除くことができる
  精錬された金属やガスを含まない真空溶解でつくられた
 金属でも、さまざまな加工を施すうちにガスが入ってしまいます。
 そうしたことで金属自身の元来の強さや性質が劣ってしまいます。
  真空中での焼きなましにより、著しく改善されるそうです。

・他のガスや元素の侵入が防止できる
  鉄鋼をガス雰囲気中で熱処理すると、表面から炭素分が抜けたり
 入り込んだりします。鉄鋼のまわりにある炭素を含むガス(メタンなど)
 と反応し、多くの場合望ましくないようです。硫化物があれば硫黄分が
 表面に侵入するし、チタンなどでは水素や窒素などガンガン表面から
 入ってくるのだそうです。
  真空中ではこうしたこときわめて少ない。もしくは、まったくない。
 なぜなら雰囲気中のガスを真空排気してしまうので、到達する真空
 度により残留ガスをコントロールできるからです。

・寸法精度が高い
  熱処理により金属は伸縮し精度が狂いがちです。
  真空熱処理では、温度変化をゆっくり行うことで寸法の狂いが
 非常に少なくできます。

川口液化ケミカル株式会社では真空熱処理炉の製作も承ります。
どうぞご相談ください。
TEL 048-282-3665
E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

よろしくお願い致します。

ありがとうございます。


今日の格言
人生にとって時間とは?
「時は人間が消費しうるもっとも価値のあるものなり。」
(テオフラストス)

このページのトップへ

前の記事:熱処理
ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.