シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

核融合

2006年3月18日 20:59

石油の次のエネルギー源は、ウランを燃料とする濃縮ウラン炉による
原子力発電が取って代わりつつありますが、その次に「究極のエネルギー」
として考えられているのが核融合です。

核融合の燃料は海水中に含まれる、三重水素(重水素と海水中や地上に
あるリチウムからできている)なので、四方を海に囲まれている日本にとって
資源問題が解決されると期待されています。

この燃料1グラムを核融合させると、8トン積み大型石油タンクローリー1台分
のエネルギーが得られます。

ただし、まだまだ実現するには時間がかかるそうです。
特に難しい技術は、核融合の炉に約一億℃の超高温で、なおかつ、1ml
あたり30兆個以上の高密度プラズマを作って一秒以上保持させなければ
ならないのです。
そのためにあらゆる最先端の科学技術を結集させてはじめて実現できるのです。

実はここで真空が重要な役割を果たすために登場します。
前述の核融合装置は、大きな真空装置なのです。

プラズマ中の不純物を極限まで無くすため、超高真空状態に維持することや
容器(真空チャンバー)の材質も、不純物をゼロに近いほど発生させない
材料を探すことなど解決すべき難問がたくさんあるそうです。

こうしたところでも真空技術は活用されています。

ガス・真空・低温に関するお問い合わせは
川口液化ケミカル株式会社
TEL 048-282-3665
E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

まで、どうぞお問い合わせください。

ありがとうございます。


今日の格言
人生にとって時間とは?
「われらはつねに命の短さを嘆じながら
 あたかも命の尽くる時期なきごとくふるまう。」
(セネカ)


このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.