シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

空気分離膜

2006年3月 9日 22:31

現在、産業界では工場内で空気中の約80%の窒素や、約20%の窒素を
分離精製し原料ガスとして使用されています。

旧来からの方法は、ガスボンベやガスタンクローリー車で、大型のタンクに
インチャージして配管を経由して使うのが通例でした。

それを可能にしたのが、ガス分離膜です。

ガス分離膜とは?
「ナノ分子サイズの細孔を利用して、ガス分子の大きさの違いを利用して
 空気中の酸素及び窒素を分離させます。
 空気からガスを分離する方法は他にもありますが、吸着剤のゼオライトなどを
 強制的に加圧・減圧を繰り返し分離精製する方法と比べ省エネ省コスト
 であることが特徴です。」

 分離膜の利用されている身近な用途では、カーショップなどでタイヤに
エアーコンプレッサーなどから空気を充填していたものを窒素に置き換える
サービスが広がっています。ここにもボンベの窒素ガスではなく、分離膜式の
窒素発生装置を使用してタイヤに窒素ガスを充填しているショップもあります。

 分離膜メーカーは国内にも数社ありますが、技術革新は確実に進んでいます。
酸素ガスや窒素ガスの透過率の向上や、新たなエネルギーである水素ガスを
天然ガスから分離精製する分離膜もあります。
 天然ガスからガソリンや灯油など液体燃料を製造する技術であるGas To Liquid
の分野でも硫黄などの物質をほとんど含まないクリーンな液体燃料の製造が可能
となるそうです。
 天然ガスのままではパイプライン敷設等のコストがかかるため利用できなかった
遠隔地や小規模なガス田、石油採掘に伴い発生し、これまで燃焼または大気放出
させていた「油田随伴ガス」なども、酸素ガスの分離膜を適用することで有効利用
できる可能性があるそうです。

ガス分離膜を内蔵した発生装置を利用して、欲しい現場で原料ガスを
発生させる方法は、ますます進んでいきそうです。

ガス発生器(窒素ガス発生器、酸素ガス発生器、液体窒素発生器)
高圧ガス、低温機器、真空機器 川口液化ケミカル株式会社 
TEL 048-282-3665
E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます。


今日の格言
人生にとって時間とは?
「時の歩みは三重である。
 未来はためらいつつ近づき
 現在は矢のように早く飛び去り
 過去は永久に静かに立っている。」
(シラー)

このページのトップへ

次の記事:キセノンエンジン
前の記事:精製装置
ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.