シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

精製装置

2006年3月 8日 20:35

酸素ガス    99.99995%UP
窒素ガス    99.99995%UP
アルゴンガス  99.9999% UP

ほか高純度ガスボンベ7m3などで販売しているものを使用されていて
様々な要因により消費量が増加し、大量に消費するようになった場合
コストは相当なものになります。

「必要ならば仕方がない」のですが、なんとかならないか?

あります!
(※残念ながら、ガス種は限られます。)

エアガスといわれる酸素、窒素、アルゴンの3種は空気を原料としています。
これらのガスは、多くの産業・目的・用途で利用されているので
ガスをお客様にお持ちする方法はさまざまございます。
大型容器やタンク(貯槽)、可搬式液化ガス容器などです。

高純度ガスボンベ7m3を何本も用意するのであれば、原料ガスを
一度に大量に輸送する方法を取れば輸送費分が安価になります。

その原料ガスから不純物など除去すれば高純度ガスを安価に
大量に使用することができるのです。
ガスを多く使えば使うほどメリットがでてきます。

不純物除去装置。
それが精製装置です。

その歴史は古く、また、技術も確立されており
装置の故障も消耗品を交換すれば、ほとんどありません。
かつての太陽酸素?様で製造した精製装置が
30年以上の年月を経て今だに活躍しているほどです。
※現在、太陽酸素?様は太陽日酸?様となっております。

原料ガスを精製する方法は主に3種類あります。
・触媒吸着式
・Pb触媒+触媒吸着式
・ゲッター式

それぞれの特徴は?

触媒吸着式の場合
メリット
 ランニングコストが低く抑えられます
 連続供給が可能です
デメリット
 窒素、CH4ガスの除去ができません

Pb触媒+触媒吸着式の場合
メリット
 CH4ガスの除去が可能です
デメリット
 酸素ガス、冷却水のユーティリティーが必要です
 上記触媒吸着式に比べイニシアルコストが高くつきます

ゲッター式の場合
メリット
 窒素、CH4ガスの除去が可能です
デメリット
 ゲッター剤が劣化するため、定期的な交換が必要です
 上記触媒式に比べイニシアルコストが高くつきます

※注意※
ガスの消費量が多い場合は、精製装置が最も適当ですが
装置1台だけの場合など小流量の場合は、インラインタイプの
ピュリファイヤーがお薦めです。
こちらは別の機会にご紹介いたします。


精製装置に関するお問い合わせは川口液化ケミカル株式会社
TEL 050?8881?7393
E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

まで、どうぞお問い合わせください。

ありがとうございます。


今日の格言
人生にとって時間とは?
「時はよく用いるものには親切である。」
(ショウペンハウエル)

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.