シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

ガス発生装置

2006年2月 2日 11:57

IMGP3668.JPG
1台 \420,000- 納期:約1.5ヶ月間
(最大流量:17L/min、最大供給圧:0.875MPa、露点:-73℃、CO2含量:<1ppm)

研究機関様(大学・国の研究機関様など)の研究室では、分析機器や装置に使用するさまざまなガスをボンベで持ち込み、減圧弁(レギュレーター)を介して使用されております。

実験をする研究員や学生さんは、ガスが無くなったらボンベを交換するために実験・分析を
休止して業者の立会いや、直接ガスボンベを交換することになります。ガスの用途はさまざま
ですが、研究内容によってはガス切れにより実験を台無しにしてしまうため、常にボンベ内の
ガス残量を気にする必要があります。

そうしたガス交換、残量管理の面倒を解決する手段として、ガス発生装置が利用されるケースが
出てまいりました。

ガス発生装置の選定は

・使用するガスの種類
・必要な純度や流量
・1日の操業時間
・弊社のような業者から購入されているガスの価格

などの条件によって決定します。

用途も

・FT-IR分光光度計のパ-ジガス
・1日24時間稼動するFIDの燃焼ガス用の水素

などのケースでメリットが大きいようです。

必要なガスが自動的に安定して供給され、かつ比較的安価に得られるのがメリットです。
予防的保守は通常は年1回フィルター交換など行えばよく、装置の停止はほとんど必要ありません。

良いとこ取りの説明(メーカー:Parker社)のみ致しましたが、もちろんすべてがすべて
オールマイティではありませんのでご注意ください。

高圧ガス、低温機器、真空機器

川口液化ケミカル株式会社
TEL 048-282-3665
E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます


今日の格言
人生の目的とは?
「生きることが人生最大の目的」
(グリルバルツァー)

このページのトップへ

次の記事:常温接合装置
ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.