シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

メタンガス

2006年1月 3日 20:35

1月3日 アメリカ ウェストバージニア州の炭鉱で爆発が起こりました。

 年末年始の休暇明けに、13人が専用車両で坑道内に入ったところ爆発が起きたそうです。現在のところ、メタンガスへの引火が原因とみられています。
 
 米CNNテレビなどによると、爆発後に高濃度の一酸化炭素ガスが検出されているため、救出作業開始まで約11時間待たなければならなかったそうです。

 昨日に引き続きガスが起因する事故です。
 メタンガスは、目に見えません。臭いもありません。色もありません。人間の五感では感じられない、危険を感知できないガスです。
 一酸化炭素も同様です。今そこに存在していても、安全だとも、危険だとも、判断できないのです。
 メタンガスの爆発限界は、空気中に 5.3〜14% の濃度で爆発します。100%に近い濃い状態では爆発しません。どちらかというと、配管などから僅かに漏洩した状態で発火する可能性が高いのです。
日本国内で使用されている都市ガスも、メタンガスを主成分とするものです。
 少しの量でも、漏れたガスに引火したら爆発するとご記憶ください。

ガスは、その物性を知ることが、安全の第一歩です。
 
ガスに関するお問い合わせは

川口液化ケミカル株式会社
 048-282-3665

E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

までご相談ください。

今日の格言 
人生とはなにか?
「人生でいちばん大事なことは、失敗したらじっと歯をくいしばって
 我慢し、成功してもすぐ有頂天にならないことだ。」
(ドフトエフスキー)

このページのトップへ

次の記事:天然ガス
前の記事:硫化水素
ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.